楽天ミュージック

楽天ミュージックの無料会員は正直使えるのか?解説します

TARO
TARO
楽天ミュージックの無料会員って、実際どうなの?使える?
JIRO
JIRO
無料・有料でどう違うのか?特徴を知りたい

以上のような、疑問・要望にお応えします。

記事の作成者

HIRO
HIRO
✔️洋楽ファン歴16年以上
✔️楽天ミュージック使用中、ダイヤモンド会員
✔️年間チェックは500曲以上
✔️7個のサブスク使用経験あり

この記事では、そんな私が楽天ミュージックの無料会員について詳しく解説します。

HIRO
HIRO
主力のサブスクとして使えるのか、気になる方は最後まで読んでみて下さいね。

無料会員は使えるのか

無料会員のホーム画面

結論から言うと、楽天ミュージックの無料会員はあまり使えません

なぜならフルで曲を聴けないから。(30秒まで)

サビ前に曲が止まったら最悪ですよね?

正直なところ無料でフル尺聴けるサブスクを選ぶなら

Spotify、Amazon Music、Youtube Musicがオススメですね。

しかし無料会員では広告が入ったり、選曲できないサブスクも多いです。

ストレスなく使いたいなら有料会員になるのが1番

楽天ミュージックの有料会員はお得なので、詳しく知りたい方は下の記事もチェックしてみて下さい。

【90日間無料】楽天ミュージックはなぜこんなにお得なのか?

次からは無料・有料でどう違うのか?特徴をご紹介します。

無料と有料の違いとは

有料(スタンダード)無料
フル尺で再生✖︎
ダウンロード✖︎
スキップ制限なし制限なし
広告なし
高音質設定✖︎
プレイリストの作成✖︎
選曲
バックグラウンド再生
おすすめの曲を再生✖︎
カラオケ機能✖︎

無料会員で制限の多さが確認できると思います。

広告が△なのは、たまにスタンダードへの勧誘ページが表示されるため。

音声広告が流れることはありません。

しかし興味ある曲を選んだり、スキップし放題なのは良いですね。

他のサブスクではスキップ制限が入ったり、選曲できないことも多いです。

次からはメリット・デメリットを中心にご紹介します。

※おすすめの曲を再生・・・似たような曲を自動で選んで流してくれる機能。

※バックグラウンド再生・・・スマホ画面を閉じても自動で再生する機能。

無料会員のメリット・デメリット

低音質でしか聴けない

無料会員の再生設定

デメリットの1つ目は、音質の問題です。

有料会員ならHigh 320kbpsという高音質で聴けるのに対し

無料会員ではLow 62kbpsという低音質でしか聴けません。

またWi-Fiに繋いだとき、高音質で聴ける設定もできないのは不便ですね。

CDの音質に慣れてる方は、満足できないと思います。

※CDの音質・・・1411kbps

ダウンロードができない

オフライン再生不可

デメリットの2つ目は、オフライン再生の問題です。

Wi-Fi時に曲を取っておけば、スマホのデータ通信を抑えることができます。

しかし無料会員では曲をダウンロードできません。

毎月のスマホデータを抑えたい方こそ、使いたい機能ですよね。

ちなみに2つのデメリットは有料会員になることで解決できますよ。

ダウンロードに関して詳しく知りたい方は下の記事をチェック。

楽天ミュージックで曲をダウンロード&オフライン再生する方法

曲を聴くだけでポイントがもらえる

楽天リワード

メリットは楽天ポイントが貯まること。

無料会員でもポイントがもらえることが嬉しいですね。

曲は最後まで聴けなくてもOK。

最後まで早送りしたあと、楽天リワードでミッションを選べば完了です。

もらえるのは1日1ポイントまで。

有料会員になればマイページ登録や、オフライン設定で10ポイントもらえますよ。

有料会員がオススメな理由

料金プラン月額料金年額料金
スタンダードプラン月額980円/月額780円(楽天カード・モバイル会員対象)年額9300円
ライトプラン月額500円(30日間で20時間まで)年額5000円

料金プランがお得だから

他のサブスクより料金プランは豊富ではありません。

しかし月額780円は他のサブスクより最も安いです。

最近では年額プランも誕生し、最安ではないですがこちらもお得。

料金も楽天カードで払えば、さらにポイントをもらえますよ。

初めて使う方なら、1ヶ月無料のキャンペーンも実施中です。

楽天ポイントで料金が支払えるから

有料会員の最大のメリットはポイントで支払えること。

通常だけでなく、期間限定ポイントも使えますよ。

ちなみにポイントで支払えるサブスクは楽天ミュージックだけ。

かなり貯めている経済圏の方なら、タダで音楽が聴き放題です。

今日のまとめ

楽天ミュージックの無料会員はどこまで使えるのか?有料会員との違いや、メリット・デメリットについて詳しく解説しました。

無料会員でもポイントが貯めながら曲を楽しむことできます。

しかしフルで曲が聴けないのはデメリットが大きいですね。

そのかわり有料会員はかなりオススメです。

ポイントで料金まで支払えるのはサブスクの中でも楽天ミュージックだけ。

ぜひ他と比べてから検討してもらいたいですね。

他サブスクの無料会員について知りたい方は、下の記事をチェックしてみて下さい。

音楽サブスクは無料でも楽しめる?7社の特徴を比較します

Amazon Musicの無料版は使えるのか?を検証

Spotifyの無料版はホントに使えるのか?解説します