Apple Music

【2022年】Apple Musicでよく聴く曲を確認する方法

TARO
TARO
Apple Musicで自分がよく聴いている曲を知りたい

以上のような、要望にお応えします。

記事の作成者

HIRO
HIRO
✔️Appleデバイス使用歴10年以上
✔️Apple Music使用歴は6年
✔️年間チェックは500曲以上
✔️6個のサブスク使用経験あり

この記事では、そんな私がApple Musicで

よく聴いている曲を確かめる方法

を中心にご紹介します。

最後まで読めば、自分がよく聴いている曲・アーティスト・アルバムは何か分かりますよ。

HIRO
HIRO
3分以内で読めるので、興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。

よく聴く曲を確かめる方法

iPhone・Androidの場合

正確な回数までは表示されませんが、リプレイというプレイリストを確認すればよく聴く曲を知ることができます。

リプレイは再生履歴をもとに、その年に1番聴いてきたアーティスト・曲・アルバムを集計してプレイリストにしています。

毎週アップデートされるので、最新のリストが確認できますよ。

もし正確な回数まで知りたい方はPCで確認ができるので、下のMac・Windowsの場合もチェックしてみて下さい。

リプレイを確認する方法は、まずApple Musicのアプリを開きます。

リプレイ年別トップソング

左下の今すぐ聴くをタップした後、1番下までスクロールするとリプレイ:年別トップソングというカテゴリーが表示されます。

その中から2021年のリプレイを開いてみると、上からよく聴いた順に曲が並んで表示されています。

私の場合『Silk Sonic -Leave The Door Open』が1番聴かれていたことが分かりますね。

上の+ボタンをタップすれば、ライブラリに追加されいつでも曲をチェックできますよ。

リプレイ2015年
ちなみにApple Musicは2015年から導入されたので、最初から使っている方なら6個のリプレイが確認できると思います。

たくさん聴いた曲をもう1度聴きたい!という方にリプレイはぴったりですね。

ちなみに2022年2月16日には新しいリプレイも追加されました。

リプレイ:2022年

まだ聴いてる曲数も少ないので、今のところプレイリストには17曲のみ。

私の場合は『The Weeknd -Gasoline』を1番多く聴いています。※2月18日時点

毎週更新しながら順位も固定されていき、年末にはTOP100が決定します。

Mac・Windowsの場合

Mac・Windowsの場合、Apple Musicの画面を開いて

曲の再生回数

左側のをクリックすれば、今までに聴いてきた再生回数が表示されます。

また先程スマホのアプリでは確認できなかったリプレイの再生回数もチェックできますよ。

2021年リプレイの曲一覧

私の場合、1番聴いていた『Leave The Door Open』は30回再生されていました。

今年の視聴アーティスト

また聴いたアーティストの人数と、最も聴いたアーティストTOP10も確認できます。

私の場合はSOIL&”PIMP”SESSIONSが1番で、14時間聴いていたことが分かりますね。

今年のチェックアルバム

またチェックしたアルバムの枚数とTOP10も確認できますよ。

私の場合『(sic)boy -CHAOS TAPE』が1番で51回再生していたようです。

ちなみに今年のリプレイは、3月12日時点で


Tom Morello-Let’s Get the Party Started』が1番で17回再生されています。

アーティストはiriが1番で、8時間再生されていますね。

アルバムは『The Weeknd -Dawn FM』が1番で、54回再生されています。

Apple Music Replayからリプレイミックスを聴くをクリックすれば、あなただけのリプレイを確認できますよ。

スマホでも再生回数を確認したい方は、下の専用アプリを使いましょう。

専用アプリを使う場合

スマホでもSongsInfoというアプリを使えば、PCと同じように再生回数を確かめることができます。

SongInfo

アプリを開いたら再生回数をタップ

AppleMusicへのアクセス

するとライブラリへの連携を求められるので、OKをタップ。

SongInfo

あとは再生回数をタップすれば

再生回数や累積の再生時間を確かめることもできます。

PCを持っていない方はアプリを取ってみましょう。

便利な機能

リプレイを共有する

プレイリストを共有

リプレイ上部の・・・をタップし、プレイリストを共有を選ぶと

リプレイ Twitter

共有可能なSNSが表示されるので好きなツールをタップします。

AirDrop、メッセージ、メール、Twitter、LINE、Slack、Pintarest、Instagram、Facebookなど大手SNSなら大体使えますね。

リプレイ ツイートする

あとはツイートするをタップで完了。

自分が聴いてたお気に入り曲を友達にオススメできるので便利ですよ。

ラブする

ラブ済み

先程プレイリスト共有の下にラブというアイコンがあったと思います。

これをタップすると今すぐ聴くで似ている曲を増やしてオススメしてくれます。

今すぐ聴く

おすすめのプレイリスト(New Music Mixなど)や自分のステーションに、リプレイに入っていた100曲分の情報が一気に反映されます。

聴けば聴くほど自分好みに変化していくので、曲に飽きてきた方こそ使ってみてほしいですね。

Apple Musicのステーションって何?詳しく解説

注意点

視聴履歴の使用について

リプレイは視聴履歴を集計して作られています。

デバイスの視聴履歴を使えないよう設定していると、Apple Musicが集計できなくなってしまいリプレイが作れません。

設定ミュージック

設定画面のミュージックのアイコンをタップし

視聴履歴を使用

視聴履歴を使用を有効にすれば、集計できるようになります。

複数のデバイスで聴いている方は、各デバイスの設定画面を必ず確認しておきましょう。

リプレイが表示されないこともある

リプレイを作るには必要な再生数が定められているようです。

有料会員になったばかりで再生回数が少ないと、集計ができず表示されないこともあるので注意して下さい。

まず聴いてApple Musicに自分の好きな音楽を認識されることから始めましょう。

また無料のトライアル期間だけではリプレイに必要な再生回数に達さないので、必ず有料会員になりましょうね。

友達とのプレイリスト共有に関して

Apple MusicではSNSに投稿しなくても友達とフォローし合えば、プレイリストの共有ができます。

しかし情報をお互い非公開にしてる場合は共有できません。

アカウントアイコンからプロフィールの編集をタップし、共有プレイリストにチェックしておきましょう。

お互いに公開し合えば、友達のリプレイもライブラリに入れて聴くこともできるので便利ですよ。

今日のまとめ

よく聴いた曲・アーティスト・アルバムの確認方法などをご紹介しました。

リプレイに入ってる曲を聴いてみると、時が戻ったかのように懐かしい気持ちになります。

2022年のリプレイはどんな曲が上位に来ているのか楽しみになりますね。

試したことがない方はぜひ活用してほしいです。

【Apple Music】3ヶ月無料で使うやり方を覚えよう

初心者でもApple Musicを使いこなすやり方とは?

初心者でもApple Musicを使いこなすやり方とは?Apple Musicの使い方が分からない方はいませんか?初心者でもApple Musicの基本操作・役立つ機能を深く理解できます。最後まで読めばApple Musicを使いこなせるようになるので、ぜひ読んでいって下さいね。...