Apple Music

Apple Musicで学割プランを使う方法とは?詳しく解説

JIRO
JIRO
Apple Musicの学割プランって、他と何が違うの?
TARO
TARO
学割プランが利用できないんだけど、どうすれば良いの?

以上のような、疑問にお応えします。

記事の作成者

HIRO
HIRO
✔️Appleデバイス使用歴10年以上
✔️Apple Music使用歴は6年
✔️年間チェックは500曲以上

この記事では、そんな私が

・Apple Musicの学割プランとは
・学割プランの登録方法
・学割プランが利用できない時の解決方法

を中心にご紹介します。

この記事を読めばApple Musicの学割プランについて深く理解できます。

HIRO
HIRO
Apple Musicの登録を迷ってる学生はお得に使えるようになるので、最後まで読んでみて下さいね。

AppleMusicの学割プランとは

プラン名月額料金
学割プラン580円 (中学生・高校生は不可)
個人プラン980円
ファミリープラン1480円
ボイスプラン480円

Apple Musicの学割プランは、月額580円で個人プランと同じ9000万曲が聴き放題のプランです。

他のサブスク学割プランと比べても月額料金は同じですね。

しかしApple TV+という動画サブスクが無料で付いてくるのは、Apple Musicだけです。

利用できるのは17歳以上の大学生・短大・専門学生のみ。

中学生・高校生は登録できません。(LINE MUSIC・AWAは可能)

また登録時と学年が上がるごとに外部サービスでの学生証明が必要です。

手続きが少し面倒ですが、個人プランの半額で使えるのはかなりお得ですね。

使える期間は最長で4年間なので、該当する学生なら検討するべきプランです。

Apple TV+について

Apple TV+はAppleのオリジナル作品が楽しめる動画サブスクです。

通常7日間の無料トライアル後に月額600円を払うか、月額1100円のApple Oneという総合サブスクに登録しないと観れません。

海外のコンテンツが多いですが、毎月新作が追加されるので飽きずに観ていられます。

映画、ドラマシリーズ、コメディシリーズ、ドキュメンタリー、キッズ&ファミリーなど豊富なカテゴリーから選べますよ。

NetflixやPrimeビデオに無い映画や有名アーティストのドキュメンタリー番組が限定で観られるのが特徴ですね。

Apple Oneについて詳しく知りたい方は下の記事をチェックしてみて下さい。

音楽と映像を同時に楽しみたいなら登録するべきサブスクですよ。

Apple Oneって何?Apple Musicとの違いを解説

学割プランの登録方法

在学証明のやり方

登録する前に在学証明のやり方を知っておきましょう。

Apple MusicはUNiDAYSという学生専用のショッピングアプリを使って在学証明をします。

UNiDAYSに承認された学校なら、学校名を入力する際に候補が出てくるのでタップすればOK。

候補が出てこない場合は、学校側から自分用メールアドレスを取得して送信しましょう。

もしメールアドレスが取得できなくても

・学校のポータルサイトへログイン
・学校のWi-Fiに接続
学生証の表裏を写真で撮り送信

以上でも在学証明ができるので、事前に学校側に確認して準備しておくのがオススメです。

登録方法

まずはApple Musicのページに飛び、学生プランを利用するをタップすると

利用資格を確認

学生割引の利用についてページが出てくるので、利用資格を確認を選びます。

UNiDAYS

するとAppleMusic|UNiDAYSと書かれた在学証明ページに飛ぶので、学校の自分用メールアドレスと就学している学校名を入力し、続けるをタップします。

あとは支払い方法を選んで確定させれば完了です。

Apple IDについても学校の自分専用メールアドレスで登録した方がいいですね。

支払いについては、クレジットカードを持っていない学生にも簡単な支払い方法があるので、気になる方は下の記事をチェックしてみて下さい。

5つの支払い方法から自分に合ったやり方を見つけられるはず。

【学生も必見】Apple Musicの支払い方法を解説

学割プランが利用できない時の解決方法

高校生が申し込みをしたケース

学割プランが使えるのは18歳以上の大学生や専門学生などです。

Appleのページには学生資格について、同等の高等教育コースを履修中であることが必要です。とややこしい文言も書いてあるので、高校生でも申し込みできるのでは?と勘違いする方も多いようですね。

高校生でApple Musicを使いたいなら個人プランかファミリープランなら登録が可能。

ですがLINE MUSICやAWAなら中学生から学割プランを利用できるので、他の音楽サブスクを検討するのも有りですよ。

在学証明を忘れていたケース

学割プランは登録時だけでなく、各年度末に在学証明が必要になります。

Appleから在学証明に関する案内メッセージが届いた時点で手続きしましょう。

忘れて放置していると、証明ができないと判断され自動的に個人プランに移行されてしまいます。

移行しても学生として最初から再登録すれば使えますが、面倒なので忘れずに。

他プランから移行したケース

通常は他プランが終了する前に、学割プランへ移行しても問題なく利用できます。

しかし人によってはUNiDAYSの認証は終えているのに、Apple Music側で問題が発生して利用できなかった方もいるようです。

解決策としては他プランの自動更新をオフにして、期間が終了してから学割プランへ登録しましょう。

問題なく学割プランが利用できるはずです。

学生でなくなったケース

学校を退学・卒業また4年間のプランを使い切った場合は、在学証明ができなくなるため自動的に個人プランに切り替わり、Apple TV+も利用できなくなります。

もし学生の資格が無くなった場合は「もう学生ではありません」というボタンをタップすれば在学証明の依頼は来なくなりますよ。

また学割プランが終了して一度解約してもApple IDは残るため、社会人になってから個人プランやファミリープランなどに再登録することが可能です。

30日以内ならばライブラリに追加した曲や、ダウンロードした曲を復元できるので再登録は早めに検討するのがオススメですね。

よりお得に使うには

他のプランと比べよう

学割プランでも月額580円なので十分安いですが、ファミリープランを4人以上で使った方が1人当たり月額370円になるのでお得です。

6人なら月額246円になるので検討すべき値段ですね。

友達同士でもファミリープランに登録はできますが

✅支払いの精算方法を決め、人数で平等に分けること
✅個人のプライバシー情報については共有しない

などお互いに話合ってから登録しないとトラブルになる可能性ありです。

家族で話し合って登録した方が良さそうですね。

Apple Musicファミリープランに登録するやり方

今日のまとめ

Apple Musicの学割プラン内容・登録方法や利用できない際の解決方法を詳しく解説しました。

Apple TV+が無料で付くのは学割プランだけです。

曲・映像を両方楽しめるので、今年の4月で大学生・専門学生になるならプランの検討がオススメ。

今のうちに無料トライアルで使い心地を試して、終わり次第学割プランに移行しましょう。

安く使えるうちに利用しないと損ですよ。

初心者でもApple Musicを使いこなすやり方とは?

初心者でもApple Musicを使いこなすやり方とは?Apple Musicの使い方が分からない方はいませんか?初心者でもApple Musicの基本操作・役立つ機能を深く理解できます。最後まで読めばApple Musicを使いこなせるようになるので、ぜひ読んでいって下さいね。...