Apple Music

Apple Musicと楽天ミュージックを徹底比較

TARO
TARO
Apple Musicと楽天ミュージックを比べると、どっちがオススメ?

以上のような、疑問にお応えします。

記事の作成者

HIRO
HIRO
✔️洋楽ファン歴16年以上
✔️使用歴Apple Music6年、楽天ミュージック1年
✔️年間チェックは500曲以上

そこでこの記事では、2つの音楽サブスクを使っている私が

・どちらがオススメなのか?
・特徴を比較してみた
・登録がオススメな方は

を中心にご紹介します。

HIRO
HIRO
記事を最後まで読めば、どちらのサブスクがあなたに合うのか?判断できますよ。

どちらがオススメなのか?

個人的にはApple Musicがオススメです。

なぜなら使っている期間が1番長く、CDと同等の音質で楽しめるから。

Mac、Home Pad、iTunesなどApple製品と連携できるのも決め手ですね。

しかし楽天ミュージックにしかないメリットもありますよ。

特徴を比べて、あなたに合うのか判断していきましょう。

特徴を比較してみた

料金プランを比較

プラン名楽天ミュージックApple Music
個人プラン月額980円(780円/楽天カード・モバイル契約者)
年額9300円
月額980円
年額9800円
学生プラン月額580円
家族プラン月額1480円
音声認識プランボイスプラン/月額480円

全体的に判断してApple Musicの方が優勢

楽天ミュージック 料金プランの特徴

学生・家族プランはなく、個人プランしかありません。

聴き放題のスタンダード
月額980円
月額780円(楽天カード・モバイル会員限定)
年額9300円
30日20時間までのライトプラン
月額500円
年額5000円

月額780円(楽天カード・モバイル会員限定)は音楽サブスクの中でも最安

音楽をそこまで聴かない方は、ライトプランがお勧めですね。

なんでこんなにお得なのか知りたい方は下の記事へ。

【90日間無料】楽天ミュージックはなぜこんなにお得なのか?

Apple Music 料金プランの特徴

個人プランの月額・年額料金は楽天ミュージックの方がお得です。

しかしApple Musicは料金プランが豊富。

とくに学生プランは月額580円でApple TV+(動画サブスク)が無料で付くのが特徴ですね。

家族プランは6人で使えば、1人あたり月額246円と激安になりますよ。

料金プランの詳細を知りたい方は下の記事へ。

【Apple Music】4つの料金プランは安いのか?

曲数を比較

サービス名曲数
楽天ミュージック9500万曲
Apple Music9000万曲

正直差はあまり感じません。

Apple Musicは9000万曲。

楽天ミュージックは9500万曲と少し多いですが

気になった点は

・Apple Musicの方が洋楽が豊富

・楽天ミュージックではB’z・ZARDが聴けない。

の2点くらいですかね。

ちなみに楽天ミュージックのライトプランは、30秒しか聴けないアーティストも結構あるので注意。

楽天ミュージックのライトプランとは?他と比べて解説

最高音質を比較

サービス名最高音質
楽天ミュージック320kbps
Apple Musicハイレゾ・ロスレス

音質に関してはApple Musicが優勢

楽天ミュージックではCD以下の320kbpsまでしか聴けません。

しかしApple MusicではCD(1411kbps)以上の音質を楽しむことができますよ

高音質で聴く方法を知りたい方は、下の記事をチェックしてみて下さい。

※ハイレゾ(CD以上の音質)・ロスレス(CDと同等の音質)

【2022年】Apple Music高音質で曲を聴く方法を解説

デメリットを比較

楽天ミュージックのデメリット

料金プランが少ない

楽天ミュージックはスタンダードとライト以外にプランがありません。

それに比べApple Musicでは学生・家族以外にもオリジナルのプランも作っています。

学生や2人以上で使いたい方は、他のサブスクも検討する方が良いですね。

検索機能の精度が低い

曲を探す上で、検索の精度が低いのはデメリット。

希望のアーティストや曲が見つからないことも多いです。

とくに洋楽アーティストは候補すら出てこないこともあるので、ぜひグレードアップしてほしいですね。

Apple Musicのデメリット

ポッドキャストが付いていない

楽天ミュージックにもあるデメリットですね。

Apple Musicではラジオというコンテンツがあります。

ほとんど海外アーティストの番組で、日本の番組は3つだけ。

洋楽をよく聴く方には嬉しいコンテンツかもしれませんね。

ラジオとポッドキャストの違いを知りたい方は下の記事へ。

Apple MusicのラジオとAppleのポッドキャストの違いは?

無料会員がない

他のサブスクと違い、Apple Musicには無料会員がありません。

なので無料トライアル期間が終わると使えなくなります。

トライアル期間だけで使い心地をチェックするのは難しいですね。

無料で使うやり方をチェックしたい方は下の記事へ。(トライアル期間は1ヶ月)

【Apple Music】3ヶ月無料で使うやり方を覚えよう

メリットを比較

楽天ミュージックのメリット

楽天ポイントで支払える

楽天カードでの支払いが多い方は、ポイントがザクザク貯まっていると思います。

その貯まったポイントで支払いができるのは楽天ミュージックだけ

ほかにポイントで支払えるサブスクはないです。

期間限定ポイントも支払いに使えるのは便利ですね。

他の支払い方法を知りたい方は、下の記事を読んでみて下さい。

【2022年】楽天ミュージックの支払い方法を詳しく解説

ポイントが貯まる

試聴だけでポイントが貰えるサブスクは他にありません

楽天ミュージックでは無料会員でも1曲聴くだけでポイントが付きますよ。

最後まで早送りしてもOK。

毎日聴けば月額料金も750円まで割引になりますね。

Apple Musicのメリット

ジャンルやプレイリストが豊富

チル・ワークアウトなど雰囲気や気分に合わせて選ぶことも可能です。

また年代別や空間オーディオだけの曲をまとめたプレイリストも豊富。

試聴履歴をもとに、好みに合わせたプレイリストを作ってくれるのも嬉しいですね。

おすすめのプレイリストについては下の記事で紹介してます。

【2022年最新】Apple Musicのおすすめプレイリストとは

Apple製品とスムーズに連携

たまにAndroidだと連携がうまくいかないことがあります。

同じApple同士であれば、アプリが落ちるなどのトラブルも少ないですね。

iTunesとの同期もスムーズなので、曲を移動させる手間もかかりません。

iTunesとの違いについては下の記事でチェックできます。

Apple MusicとiTunes Storeの違いは?特徴を解説

登録がオススメな方は

楽天ミュージックがオススメな方

✅安く曲を聴きたい方
✅楽天ポイントを活用したい方

楽天カード・モバイル契約者は月額780円と最安です。

年額プランも9300円と、Apple Musicよりもお得に楽しめますよ。

また楽天をよく使う方で、ポイントを有効に活用したいならオススメ。

支払いにもポイントを使えるサブスクは楽天ミュージックだけです。

Apple Musicがオススメな方

✅Apple信者の方
✅新しい曲に出会いたい方

Apple製品を多く持っている方こそ、Apple Musicがオススメ。

連携もスムーズなので、音割れやアプリが落ちるトラブルも少ないですよ。

またジャンルやプレイリストも多く、自分に合ったオススメの曲を提案してくれます。

気づいたら好きな曲がたくさん見つかるかも?

Apple Musicを登録するメリット・デメリットとは?

今日のまとめ

Apple Musicと楽天ミュージックの特徴やメリット・デメリットを比較してご紹介しました。

個人的にはApple Musicですが、楽天ミュージックもポイントを活用できる点で使う価値ありだと思います。

Apple Musicを初めて使う方は、1ヶ月無料のキャンペーンを実施中。


楽天ミュージック
も楽天モバイル契約者&初めて使う方は90日間無料です。

ますは使ってみてから継続するか判断してみるのが1番オススメですよ。

【2022年】Apple Musicでよく聴く曲を確認する方法

【2022年】楽天ミュージックの支払い方法を詳しく解説

楽天ミュージックのライトプランとは?他と比べて解説