Amazon Music

楽天ミュージックとAmazon Musicどっちが良いの?

TARO
TARO
楽天ミュージックとAmazon Musicって、どっちが良いの?

以上のような、疑問にお応えします。

記事の作成者

HIRO
HIRO
✔️洋楽ファン歴16年以上
✔️使用歴 楽天ミュージック1年、Amazon Music 3年
✔️年間チェックは500曲以上

この記事では、2つの音楽サブスクを使っている私が

・どっちのサブスクが良い?
・各サブスクの特徴を比較
・登録がオススメな方

を中心にご紹介します。

HIRO
HIRO
最後まで読めば、どっちが自分に合う音楽サブスクか分かりますよ。

どっちのサブスクが良い?

個人的にはAmazon Musicです。

なぜならPrime会員なので、お得に高音質の曲を楽しめるから。

Echo Dot、Fire TV、AlexaなどAmazon製品と連携がスムーズなのも決め手ですね。

しかし楽天ミュージックにしかないメリットもあります。

各サブスクの特徴を比べて、ご自身に合うのか判断していきましょう。

各サブスクの特徴

料金プランを比較

プラン名楽天ミュージックAmazon Music PrimeAmazon Music Unlimited
個人プラン月額980円(780円/楽天カード・モバイル契約者)
年額9300円
月額500円
年額4900円
月額980円(Prime会員/880円)
年額8800円(Prime会員限定)
学生プラン月額250円
年額2450円
月額480円
家族プラン ー月額1480円
年額14800円(Prime会員限定)
音声認識プラン ーワンデバイスプラン/月額480円(1台あたり)

楽天ミュージック 料金プランの特徴

学生・家族プランはなく、個人プランのみ。

聴き放題のスタンダード
月額980円
月額780円(楽天カード・モバイル会員限定)
年額9300円
1ヶ月20時間までのライトプラン
月額500円
年額5000円

月額780円(楽天カード・モバイル会員限定)は音楽サブスクの中でも最安

音楽をそこまで聴かない方は、ライトプランがお勧めですね。

【90日間無料】楽天ミュージックはなぜこんなにお得なのか?

Amazon Music 料金プランの特徴

Amazon Musicには、PrimeUnlimitedの2つがあります。

Music Primeは200万曲までしか聴けない代わりに、Prime会員ならタダ。

月額880円を追加すればMusic Unlimitedにアップグレード、楽天にない学生・家族プランも使えますよ。

月額は楽天ミュージックの方が安いですが、プランの豊富さからAmazon Music優勢ですね。

【値上げ!?】Amazon Musicの料金プランについて解説

曲数を比較

サービス名曲数
楽天ミュージック9500万曲
Amazon Music Unlimited9000万曲

楽天ミュージックは9500万曲。

Amazon Music Unlimitedは9000万曲です。

正直言ってあまり差は感じません

気になった点は

・どちらのサブスクもB’zが聴けない。

・楽天ミュージックは洋楽が弱い。

・Amazon Musicでは中島みゆきが聴ける。

の2点くらいですかね。

ちなみに楽天ミュージックのライトプランだけ、フルで聴けない曲があります。

気になる方は、下の記事でチェックしておきましょう。

楽天ミュージックのライトプランとは?他と比べて解説

最高音質を比較

サービス名最高音質
楽天ミュージック320kbps
Amazon Musicハイレゾ・ロスレス

楽天ミュージックでは、CD以下の320kbpsまでしか聴けません。

それに比べAmazon Musicでは、ハイレゾ(CD以上)音質を楽しむことができますよ

ちなみに高音質で曲を聴けるのはUnlimitedだけ

こちらもAmazon Musicが優勢。

ハイレゾで聴く方法を知りたい方は、下の記事をチェックしてみて下さい。

【Amazon Music】ハイレゾで曲を聴く方法は?

デメリットを比較

楽天ミュージックのデメリット

料金プランが少ない

楽天ミュージックには学生や家族プランがありません。

Amazon Musicにはワンデバイスプランなど独自に作っているのもありますね。

個人プラン以外を使いたい時は、他のサブスクを検討する方がいいかと。

ポイントで支払えたとしても、わざわざ高いプランを使う必要はないですよ。

検索機能の精度が低い

使ってみて感じたのは、検索の精度が低いこと。

入力して候補アーティストや曲名が表示されますが、希望に合わないことが多いです。

とくに洋楽アーティストは候補すら出てこないことも。

もう少し精度を上げてほしいところですね。

Amazon Musicのデメリット

アプリの操作性

とくに再生プレイヤー画面が操作しづらいですね。

ジャケット部分の感度がまったく違うので、間違って操作してしまうことも。

またカーモードは操作が制限されてしまうので、初めて使う方は戸惑いますね。

もし使い方を知りたい方は、下の記事をチェックしてみて下さい。

【徹底解説】Amazon Music Unlimitedは使いにくい?

【Amazon Music】車でカーモードを使う必要はあるのか

カラオケ機能が弱い

楽天ミュージックは再生中に1文字ずつ歌詞を追ってくれます。

しかしAmazon Musicは文字を追跡しないため、カラオケするには少し不便。

音楽に合わせて歌詞をチェックすることは可能ですよ。

ちなみに楽天ミュージックでは、有料会員にならないと使えないので注意。

メリットを比較

楽天ミュージックのメリット

楽天ポイントで支払える

ポイント払いできるサブスクは、楽天ミュージックだけです。

とくに失効の早い期間限定ポイントを使えるのは大きなメリット。

貯まったポイントで曲を聴ければ、超お得ですよね。

他にどんな支払い方法があるか、知りたい人は下の記事をチェック。

【2022年】楽天ミュージックの支払い方法を詳しく解説

ポイントが貯まる

楽天ミュージックでは、曲を聴くだけでポイントが貯まります。

ちなみに無料会員でもOK。

フルで聴かずに最後まで早送りしてもゲットできます。

初回ならオフライン再生や、マイページ登録することで5ポイント貰えることも。

貯めたポイントで支払いにあてれば、さらにお得になりますよ。

Amazon Musicのメリット

Prime会員ならお得に使える

Prime会員だとMusic Primeがタダで使えますが、曲数が足りないと感じる方も。

そんなとき月額880円を追加するだけで9000万曲が聴き放題になります。

とくに家族プランの年額なら14800円とお得に。

6人で使えば、1人あたり2466円になるので検討の余地ありですね。

Amazon MusicはPrime会員だとお得ってホント?

ポッドキャストが聴ける

楽天にはないポッドキャスト(ラジオのストリーミング配信)を聴くことができます。

楽曲とは違い、無料会員でもエピソードをダウンロードすることが可能ですよ。

他にも独占番組やAudible(本の音読)番組がたくさん揃っているので、曲に飽きたときお勧めのコンテンツです。

詳しくポッドキャストについて知りたい方は、下の記事をチェックしてください

Amazon Musicのポッドキャストとは?詳しく解説

登録がオススメな方

楽天ミュージックがオススメな方

✅楽天ヘビーユーザーの方
✅ポイントを有効利用したい方

とくに楽天カード・モバイル契約者は月額780円とお得。

最近ようやく年額プランができたので、長く聴き続ける方にオススメ。

また楽天ヘビーユーザーは、期間限定ポイントの使い道に困ってる方は多いはず。

ポイントを支払いに使うことができるサブスクは貴重ですよ。

Amazon Musicがオススメな方

✅Prime会員の方
✅音楽以外のコンテンツを求める方

Prime会員はタダで曲を楽しめる&月額880円の追加で9000万曲が聴き放題です。

Unlimitedなら高音質&空間オーディオの曲も聴けますよ。

また独自のポッドキャスト番組やAudibleの番組も増えてきました。

オンラインLiveも定期的に開催しているので、気になる方は試聴してみましょう。(AmazonアカウントがあればOK)

今日のまとめ

楽天ミュージックとAmazon Music各サブスクの特徴やメリット・デメリットを比較紹介しました。

個人的にはAmazon Musicですが、ポイントで支払える&貯められる楽天ミュージックは使う価値ありです。

現在Amazon Music Unlimitedに10月13日まで登録すれば、4ヶ月無料のキャンペーンを実施中。

13日を過ぎると無料期間が1ヶ月に戻ってしまうのでお見逃しなく。

楽天ミュージック
も楽天モバイル契約者&初めて使う方は90日間無料です。

まずはタダで試してみることから始めましょう。

【2022年】Amazon Musicの登録方法を詳しく解説

【2022年】楽天ミュージックの支払い方法を詳しく解説